JESD横浜 | 日本うつ病就労移行支援協会 横浜

日本うつ病就労移行支援協会【JESD 横浜】公式ブログ

【新年交流会】初詣に行ってきました!|横浜駅徒歩4分・精神障がい専門の就労移行支援

皆様こんにちは。

就労移行支援事業所JESD(ジェスド)横浜、支援員の末次です。

 

年が明け、もう10日もすぎているではありませんか!
早いですね~。

 

前回のブログでは、渡邉支援員の除夜の汽笛を聞きながらの年越しとありました。

横浜らしい素敵な新年の迎え方ですね。

 

一方私はと言うと…

家族がノロウイルスに感染し、怯えながら看病をするという年末年始を過ごしました。

幸い、感染したのは1名だけで、残りの家族は皆無事でした。

皆さん、インフルエンザも流行しています。

気を付けてくださいね。

 

 

季節は寒の入り。寒さが一段と厳しくなります。

そんななか、JESD横浜では、初詣イベントが行われました。

 

 

前日の雨が上がり、良い天気。空気も澄んでいます。

いざ、神社へ向かってレッツゴー!

 

イベント

 

 

 

JESDを出て10分ほど歩きビルの立ち並ぶ大通りから1本奥の道に入ります。

マンションが立ち並ぶ住宅地の中に、ひっそりとたたずむ鳥居が見えてきました。

 

イベント

 

本日の目的地、大綱金刀比羅神社です。

階段を上ると、横浜ではないような静かな雰囲気。

周りの空気も一段と澄んでいる気がします。

 

 木に囲まれた場所に、拝殿が見えてきました。

 

イベント

 

 

地元の方から「こんぴらさん」と親しまれる金刀比羅様は、海の守り神です。

今では埋め立てにより海が離れてしまいましたが、江戸時代には神社のすぐ前が海だったようですよ。

海の神様を祭っているなんて、横浜らしい!と思うのは、私が山育ちだからでしょうか。

昔から海運が盛んな横浜の地を、こんぴらさんはずっと見守ってこられたんでしょうね。

 

 

 

イベント


 
皆さんしっかりとお参りをされています。

 

ん?

何か視線が…

 

 

イベント

 

えっ?!

イベント

 

 どーん!!

イベント

 

大天狗です!!!

 

 

 

えっ?海の神様を祀っているのに、山岳信仰の天狗??

 

なんでも、江戸時代に 天狗のお面を乗せた船が動かなくなり、その夜船頭の夢に天狗が出てきて「神社のある場所に私を置くように」というお告げがあったのだとか。

大綱金刀比羅神社は、江戸時代から海と山の神様を祀っていたんですね。

 

天狗は戦勝の神様ともいわれています。

 

私も「己の欲望に勝つ(主に食欲)!!」という意味を込めてしっかりとお参りをしました…。

利用者様もそれぞれ、時間をかけてお参りをしていました。

最初はその大きさとギラギラした眼差しに驚きましたが、見慣れるとかわいらしいお顔の天狗さん。

皆様の願い事もかなえてくれそうです。

  

 

大綱金毘羅神社には、そのほかにもたくさんの神様が祀られています。

利用者様が楽しまれていたのは、弁天様を祀る池の中の洞穴です。

洞穴までは池の飛び石を渡っていくのですが、これがさながら探検のよう。

 

イベント

 

飛び石がぐらついたり、洞穴の中から水滴が落ちてきたり、と なかなかスリリングなお参りでした。 

 

 

JESDでは、事業所の外へ出かけるイベントを1カ月に1度の頻度で企画しています。

 イベントでは、利用者様のいつもと違う表情に出会うことができ、スタッフは皆それを楽しみにしているんですよ。

 今回の利用者様方は、いつもの課題に向き合っている真面目な表情とは違う、清々しい表情を見せてくださいました。

 

新たな目標を立てた方、願い事をされた方、天狗に驚いた方…

皆様にご利益がありますように!!

 

イベント

 

 

 

 ご興味がある方はどうぞ、お気軽にお問合せ、見学などお越しください。

【横浜市指定 就労移行支援事業所】

JESD横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所   横浜市神奈川区鶴屋町3-30-8 SYビル4F
 TEL  045-313-2220
MAIL  yokohama@jesd.jp

(お問い合わせ受付時間 9時から18時まで 土日祝は休み)

 

 

 

※ブログ内の写真及び文章に関しましては、ご本人同意のもと掲載させていただいております。

 

 

"利用者"だった頃を思い出し、改めて思うこと|横浜駅徒歩4分・精神障がい専門の就労移行支援

遅れ馳せながら、明けましておめでとうございます。

就労移行支援事業所JESD(ジェスド)横浜、支援員の渡邉です。

皆さん、どのような年越しを過ごされましたか?

私は毎度のことながら、大晦日は笑ってはいけない芸人さん達がシバかれる番組を見ながらお蕎麦を啜っておりました。

そして2017年から2018年に変わる瞬間は、一旦テレビを中断し、寒いベランダに出て”除夜の汽笛”(横浜港に停泊している全ての船が汽笛を鳴らすのです)を聞きながら一人静かにオリオン座とお月様を眺めてマイワールドに浸って過ごしました。

どこかのイベント会場で「3!2!1!ハッピーニューイヤー!!!うぇ~~~い!」といった年越しとは無縁です。(孤独を愛しているので)

 

さて、今回私は「JESDの利用者」から「JESDの支援員」になり、今改めて「利用者」だった頃の事を思い出しならがら、初心をもう一度思い起こそうとこのブログをしたためております。

あ、申し遅れました。
私は昨年5月の終わりからJESD新横浜に利用者として通い、卒業して9月からJESD横浜の支援員になり今に至ります。

blog-yokohama.jesd.jp



私が“利用者時代”にJESD新横浜で一緒に過ごした皆さんの中には、すでに卒業されて新たな場所で頑張っている方が何人もいらっしゃいます。
私の中では、皆さん”同窓生”と言うより、”仲間”と言うより、、“戦友”といった感じです。(そう思ってるのは私だけだったりして。笑)
学校や職場での出逢いとはまた違う、なんとも不思議な感覚です。
それぞれが、病と闘い、自分と闘い、JESDでは「働く」を目標に日々過ごしました。
そして今もきっと、それぞれの場所でみんな闘っているのです。

JESDで就職に向けて訓練していた頃を思い出すと、Excelの課題やMOSに向けての勉強、さらにハローワークでの手続きについてなど、もちろん支援員の皆さんに色んな事を教えて頂きましたが、利用者同士でもお互いわからない事を聞き合ったり教え合ったり・・・そんな風に過ごす事がいつしか励みとなっていました。

これは私の個人的な考えですが・・・
誰とでも仲良く上手く付き合うなんて、しなくて良いのです。
無理して和気藹々としなくちゃいけないワケでもありません。
でも、密かに“戦友”だと思ってくれてる誰かがきっと居ます。
JESDはそういう場所だと、JESDを利用していた私は思います。
JESDは皆さんにとって“通過点”の一つに過ぎませんが、卒業した後も“力”をくれる存在になるのではないでしょうか。

今私が居るJESD横浜でも、利用者の皆さんがこの先もJESDをご自分の力に変えて下さると良いなと思いながら、私は日々あれこれポンコツながらやっております(*^-^*)

こんな私の“初心”ですが、これを常に心に留めながら病とも上手く付き合いつつ精進していく所存です。

最後になりましたが、今年もよろしくお願い致します。
素敵な一年にしましょう!

 

 

ご興味がある方はどうぞ、お気軽にお問合せ、見学などお越しください。

【横浜市指定 就労移行支援事業所】

JESD横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所 横浜市神奈川区鶴屋町3-30-8 SYビル4F
TEL 045-313-2220
MAIL  yokohama@jesd.jp

(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日祝は休み)

 

就労移行支援 JESD横浜 アクセス 地図

 

 

ブログ内の写真及び文章に関しましては、ご本人同意のもと掲載させていただいております。

 

 

 

年内最後のイベント。年越しそば会をしました!|横浜駅徒歩4分・精神障がい専門の就労移行支援

皆さんこんにちは!

就労移行支援事業所JESD(ジェスド)横浜、支援員の西東(サイトウ)です。

 

今年のJESD横浜の開所も本日が最後となりました!

9月1日に開所し、多くの方のご利用やご卒業を見守ってきました。

そしてこれが今年のブログの書き収めとなります。それではいってみましょう!

 

昨日の午前中のプログラムは、

精神障がい 就労移行支援 イベント

JESD横浜 年越しそば会 となっていました。

まずは大掃除からスタートです。

 

精神障害 横浜 掃除

 

室内を華やかにしてくれていたクリスマスツリーを片付け、

 

就職 イベント 掃除

 

窓ふきやロッカーの掃除、冷蔵庫などなどを綺麗に掃除しました。

いつもよりも心なしか掃除機も長くかかっていたような気がします。うん。

 

(事業所の掃除をしながら、ふと考えること。)

(私の家の掃除も皆様手伝ってくれないかなぁ、なんて・・・。)

 

っという話は置いといて、掃除の後はお待ちかねの昼食準備!

年越しも近いということで事業所内で年越しそば会です。

 

イベント 年越しそば SST

 

皆様で協力しておそばを作ったり、

 

イベント 年越しそば SST

 

 おにぎりを作ったり、

 

イベント 年越しそば SST

 

皆様のご希望から暖かいおそばではなく、冷たいおそばになりました。

写真に写りきっていないですがなかなか豪華に仕上がってます。

 

大掃除をしておそばを作ってと、ご利用者・支援員一致団結したからでしょうか。

昼食中も今年の振り返りや来年の目標、その他雑談で盛り上がっていました。

 

肝心の写真はというと・・・

食べるのに夢中でうっかり撮るのを忘れてました。

 

大事なシーンを写真に収める。これは来年の課題に取っておきましょう。

そして皆様に素敵なシーンをお届けしていきます。

 

 

 

今年は横浜駅近に事業所を開所し、たくさんの方にお世話になりました。

皆様のご希望やお気持ちに応え、精神障がい専門の個別支援に特化した支援に当たってきました。

 

年末年始は12月30日(土)~1月3日(水)までお休みをいただき、1月4日(木)から開所いたします。

休業期間中は何かとご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

今後とも皆様の期待に沿えるよう、手厚い個別支援をさせていただきます。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ご興味がある方はどうぞ、お気軽にお問合せ、見学などお越しください。

【横浜市指定 就労移行支援事業所】

JESD横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所 横浜市神奈川区鶴屋町3-30-8 SYビル4F
TEL 045-313-2220
MAIL  yokohama@jesd.jp

(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日祝は休み)

 

精神障がい 就労移行支援 横浜駅

※ブログ内の写真及び文章に関しましては、ご本人同意のもと掲載させていただいております。

弘明寺つながるcafe様にお邪魔しました|横浜駅徒歩4分・精神障がい専門の就労移行支援

皆様こんにちは。
ブログは書くのは久しぶりになっております。

JESD横浜の宇都木です。

 

 最近めっきり冷え込んできましたね。
私は冷え性で最近手先、足先の感覚がなくなってきました。
そんなときはホッカイロを使用して何とかやっています。

 

皆様も冬の寒さに負けないように対策を考えていらっしゃいますでしょうか?

  

 さて今回は地域活動支援センター つながるcafe様にお邪魔させていただき、就労移行支援の事をお話をさせて頂く機会がありましたので、その時のお話をさせて頂ければと考えております。

 

そもそものきっかけはJESD新横浜(ジェスドシンヨコハマ)に通っている利用者様がかけはしになって下さり、この企画が行われる事になりました。本当に良いご縁をいただきありがとうございます。

そのつながりから、私、宇都木(ウツギ)と渡邉(ワタナベ)がお伺いしてお話をさせて頂く事になりました。

 

 世の中にはたくさんの福祉サービスがあります!

私たちは就労を支援する福祉サービスですが、他にも日常生活や社会生活を送るためのサービスなどがあります。今回お邪魔した地域活動支援センター つながるcafe 様横浜市にお住いのうつ病やひきこもりの経験をもつ方が、共に過ごす居場所を運営されています。

 

 とてもアットホームな雰囲気で皆様でお茶を飲んで雑談されていたり、ゲームをされながら、お話をされていたり、本当にカフェのような雰囲気の中で皆様楽しそうに利用をされていました、職員の方も皆様優しそうで、自分の上司だったらいいなーと思ってしましました。(笑)

 

 

 そんな中私の拙いお話で良いのでしょうか?((+_+))という疑問を持ちながらお話をさせて頂きました。

 少しだけお話の内容をご紹介します。f:id:jesd_yokohama:20171222172238j:plain

 f:id:jesd_yokohama:20171222172600j:plain

間違えました。|д゚)

 

f:id:jesd_yokohama:20171227161331j:plain

こんな感じや

 

f:id:jesd_yokohama:20171227171323j:plain

 こんな感じにお話をさせて頂きました。

これでは某ブルゾンさんのお話かと勘違いされてしまいそうですので。

 

同行してくれた渡邉がしっかりフォローをしてセルフケアプログラムのお話をしてくれました。

f:id:jesd_yokohama:20171229173353j:plain

渡邉は私と違い落ち着いた様子で、丁寧に説明していました。しっかり準備した資料を使ってお話をしていました、実は私の方が職歴は長いのですが・・・渡邉さんがいればJESD(ジェスド)は大丈夫と思いました(笑)

 

少しはまともなお話もさせて頂けたかと考えております。

f:id:jesd_yokohama:20171227171530j:plain

 こういったお話や

f:id:jesd_yokohama:20171227171759j:plain

このようなお話も交えて、ブルゾンについて、あ!間違えました。

就労移行支援と私たちの事業所JESDのお話をさせて頂きました。

 

細かなお話の内容が気になる方はどうぞお気軽にお問合せを頂ければ、お話をさせて頂きに参上します。

 

拙いお話でしたが、最後まで聞いてくださったつながるcafeの皆様本当にありがとうございました。

就労に対して一緒に考えて行けらた何よりです。

 こういった他事業の方と一緒にお仕事をさせていただけると本当に色々な事が勉強になると感じました、ぜひまた色々なところにお邪魔をさせていただきたいと考える今日この頃です。

 

 

 

年末は12月29日まで、年始は1月4日からの営業となります。

ご興味がある方はどうぞ、お気軽にお問合せ、見学などお越しください。

【横浜市指定 就労移行支援事業所】

JESD横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所 横浜市神奈川区鶴屋町3-30-8 SYビル4F
TEL 045-313-2220
MAIL  yokohama@jesd.jp

(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日祝は休み)

 

f:id:jesd_yokohama:20171130160452p:plain

パソコン実践講座|横浜駅徒歩4分・精神障がい専門の就労移行支援

皆様こんにちは。

就労移行支援事業所JESD(ジェスド)横浜、支援員の末次です。

 

12月も残りわずかです。

 

JESD横浜では1228日(木)に「年越しそば会」を予定しています。

この企画は、利用者様の「年越しそばをみんなで食べたい」という提案から始まりました。

現在皆様に喜んでいただけるよう企画を練っています。

楽しみにしてくださいね。

 

f:id:jesd_yokohama:20171225132054j:plain

 

 

 

さて、今回は、JESD横浜で行われたパソコン実践講座の紹介をしたいと思います。

 

その前に…

就労移行支援事業所にはいろいろなスタイルがあります。

1限目、2限目とカリキュラムが組まれ、学校のように利用者様が一緒に学習を行う事業所もありますし、毎日決まったカリキュラムを数時間受け、そのほかの時間は自由に過ごせる事業所もあります。

 

JESDでは、1人ひとりの利用者様に合った個別プログラムを組み、支援員が個別指導で対応をしています。

それは、利用者様それぞれのスキルや目標が違うからです。

MOSの資格取得を目指す方、国家資格取得を目指す方、基礎的なパソコンスキルを身につけたい方、コミュニケーション能力を身につけたい方…それぞれ、異なる目標をお持ちです。

 

現在通所いただいている利用者様にJESDを選んでくださった理由を伺うと、

「プログラムが決められていないところが良い」

と口をそろえておっしゃいます。

 

JESDの利用者様はご自分でスケジュールを決め、事業所での一日を有意義なものにされています。

 

実際にお仕事をされると、毎日スケジュールを決めてくれる職場は少ないですよね。

時間を管理し、所定の目標の期日までに、所定の作業や活動を終えるようにコントロールを行うスケジューリングのスキルも求められるわけです。

スケジューリングが上手に行えるようになると、急な予定が入っても慌てることなく対応できますよ。

就職までに、スケジューリングスキルも上げていきましょう。

 

では、遅くなりましたが冒頭の「新しい取り組み」についてです。

 

JESDの利用者様の多くに共通しているのが「パソコンが使えるようになりたい」という目標です。

その目標に向かって、いつもは個別で学習を進めている皆さんですが、今回より実践的な課題に取り組んでもらいました。

 

取り組んでいただいたのは以下の2つの課題です。

 

 

課題1 

データを元に1月~2月に行われる研修を見やすい一覧表にしてください。

 

 

実際に事務の仕事に就くと、このような場面に遭遇するかもしれませんよね。

課題に取り組む皆さんも、おのずと真剣な表情に変わってきます。

 

 

 

出来上がりはこちら。 

 

Excel

(※内容についてはぼかしてあります) 

 

どれも細部に工夫を凝らした素晴らしい出来です!

きちんと 「見やすい」という課題をクリアしていますね。

 

 

 

次はPowerPointを使った課題です。

 

課題2  

12/28の年越しそばイベントのポスターを開催します。PowerPointを用いて自由にポスターを作成してください。

 

実際にPowerPointでポスターを作るのは初めての方ばかり。

西東支援員のアドバイスを受けながら作成されています。

 

Excel

 

 

出来上がりはこちら。

 

PowerPoint

 

初めてなのに、和風の素敵なポスターができました。

 

 

 

作り終わった後は、きちんと西東支援員からレクチャーがありました。

皆さん「すごく勉強になった!」「また開催してほしい!」と大興奮。

 

 

西東支援員の実践パソコン講座は随時開催する予定です。

今後も楽しみにしてくださいね。

より実践的なスキルを身につけていきましょう!

 

 

 

年末は12月29日まで、年始は1月4日からの営業となります。

ご興味がある方はどうぞ、お気軽にお問合せ、見学などお越しください。

【横浜市指定 就労移行支援事業所】

JESD横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所 横浜市神奈川区鶴屋町3-30-8 SYビル4F
TEL 045-313-2220
MAIL  yokohama@jesd.jp

(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日祝は休み)

 

精神障がい 就労移行支援 横浜駅

※ブログ内の写真及び文章に関しましては、ご本人同意のもと掲載させていただいております。

 

交流会★ほっこり楽しいクリスマスパーティー|横浜駅徒歩4分・精神障がい専門の就労移行支援

こんにちは。就労移行支援事業所JESD(ジェスド)横浜、支援員の渡邉です。

ク・・・クリスマスが、近づいて来ましたね。

ク・・・・。 

 

先日、JESD横浜ではささやかなクリスマスパーティーをしました♪

皆さん、パーティーと言ったらどんなことを思い浮かべるでしょうか?

・・・

そうですよね!まずはやっぱり某バランスゲーム某ボードゲームですよね!!

(あ!某ヒゲ危機一髪が無かった!!)

 

精神障がい 就労移行支援 横浜駅 イベント ゲーム

 

 日頃パソコンの課題や就労に向けての訓練を頑張る皆さんですが、この日は気分を変えて楽しむ気満々です。

もちろん息抜きにもなりますが、普段とは違うお互いの一面が見えて、普段とは違う会話も生まれるこういう時間も大切ですよね!

 

クリスマスに合せてセレクトしたBGMは、フランク・シナトラとナット・キング・コールの甘~い歌声によるクリスマスソング。(渋いですね!)

多分、みんな盛り上がってて耳に入ってないですけども。

 

精神障がい 就労移行支援 横浜駅 イベント ゲーム

ゲームで盛り上がっている最中、部屋の片隅では別のプロジェクトが着々と進められております。

ゲームの他にパーティーに欠かせないもの・・・。

はい。その通り!

ケーキです。

こちらでは、ケーキ組が頑張っていました。

精神障がい 就労移行支援 横浜駅 イベント ケーキ



今回、台となるスポンジは市販のものを用意しましたが、ホイップクリームイチゴを挟んで下準備です。

手際良く下準備完了し、ケーキ組も某バランスゲームと某札に興じます。

精神障がい 就労移行支援 横浜駅 イベント ゲーム


あれ?この某札、何かちょっと違いませんか??

妖気が漂っていますね。

 

そうこうしているうちに、ボードゲーム組も波乱に満ちた勝負を終えたようです。

 

さぁ、いよいよお待ちかねのケーキの時間です。

下準備まで出来ているケーキに、それぞれお好きなようにデコレーションしましょう♪

 

精神障がい 就労移行支援 横浜駅 イベント 

 

ホイップクリームを絞ったり、イチゴを載せたり、可愛いトッピングをしたり、思い思いのケーキが出来上がってきました。

精神障がい 就労移行支援 横浜駅 イベント

これカワイイ♡

精神障がい 就労移行支援 横浜駅

あ、これもカワイイ♡

精神障がい 就労移行支援 横浜駅 イベント

みんなカワイイし美味しそう☆

 

みんなでゲームをしてケーキを食べて・・・というクリスマス。

大人になってからは意外とないのでは??

 

いつもJESD横浜は我ながらアットホームな空間だと思っているのですが、本当に家族で過ごすクリスマスのような、ほっこり温かいパーティーとなりました♪

 

こんな楽しい交流会でしたが、実は今月もう一つ素敵な交流会があったのです!

JESD新横浜と合同で、なんとあの崎陽軒の工場見学に行って参りました!!

blog-shinyokohama.jesd.jp

 

 

  ご興味がある方はどうぞ、お気軽にお問合せ、見学などお越しください。

【横浜市指定 就労移行支援事業所】

JESD横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所 横浜市神奈川区鶴屋町3-30-8 SYビル4F
TEL 045-313-2220
MAIL  yokohama@jesd.jp

(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日祝は休み)

 

精神障がい 就労移行支援 横浜駅

※ブログ内の写真及び文章に関しましては、ご本人同意のもと掲載させていただいております。

 

 

 

 

 

 

 

セルフケアの意見交換会をしました|横浜駅徒歩4分・精神障がい専門の就労移行支援

皆さんこんにちは。

就労移行支援事業所JESD(ジェスド)横浜、支援員の末次です。

 

12月も後半に差し掛かりました。

 

クリスマスも近づき、いろいろなところで飾り付けを見かけます。

 

イルミネーション

 

飾り付けを目にしてウキウキする方、なんとなく気持ちが沈んでしまう方、様々だと思いますが…

私の場合、その時の気分によって感じ方も違います。

 

コンディションの良いときは「きれいだな」と思うこともありますが、イマイチのときは「電飾がまぶしすぎる!」とイライラしてしまうこともあります。

 

コンディションの良し悪しって、誰にでもありますよね。

悪い状況が続くことも、もちろんあります。

 

 

JESDでは、コンディションを整えるためにセルフケアが必要だと考えます。

そこで、利用者様に活用していただいているのがKシートです。

 

 

Kシートについてはこちら。

blog-shinyokohama.jesd.jp

 

Kシートで毎日ご自身の状態をチェックすることにより、コンディションを客観的に把握することができます。

 

 

さらに今回は、Kシートを活用されている利用者様に

「みんなやばいときどうしてる?」

というタイトルで日々のセルフケアについて、意見交換会を行いました。

 

セルフケア 就労移行支援 精神障がい


 

具体的には、Kシートでコンディションが悪いと気づいた時の対処法をお聞きしました。

 

利用者様からは、好きな音楽を聴く、好きな映画を見る、刺激の強いもの(映像、音楽)には触れない…などの対処法を聞くことができました。

これらはコンディションが悪くなってしまってからの対処法になりますね。

どれも気持ちを落ち着けるために有効な対処法のようです。

 

そんな中、「体調が悪くなりそうだな、と感じた時自分の好きな音楽を聴いています。そうすれば、あまり悪くならずに回復することができます。」と発言してくださった方がいました。

このように「コンディションが悪くなりそうだな…」という段階で行える対処法を持っていることは、その方の強みになります。

 

 コンディションを自分で調節し、悪くなる前に持ち直すことができるようになれば、ご自分のコンディションに振り回されることなく安定した状態でいられますよね。

 

 

セルフケア

 

 

コンディションの良し悪しも、セルフケアの方法も人それぞれです。

皆さんも、まずはKシートでご自分の状態と向き合ってください。

そしてその状態に合うセルフケアを探してみましょう。

 

 

 

ご自分のコンディションをご自分で作り上げるイメージで、引き続きセルフケアを行っていきましょう!

 

 

 

 ご興味がある方はどうぞ、お気軽にお問合せ、見学などお越しください。

【横浜市指定 就労移行支援事業所】

JESD横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所   横浜市神奈川区鶴屋町3-30-8 SYビル4F
 TEL  045-313-2220
MAIL  yokohama@jesd.jp

(お問い合わせ受付時間 9時から18時まで 土日祝は休み)

 

 

 

 ※ブログ内の写真及び文章に関しましては、ご本人同意のもと掲載させていただいております。

就労移行支援を利用して8か月、大手クリーニング会社に内定【就職者の声】|横浜駅徒歩4分・精神障がい専門の就労移行支援

皆さんこんにちは!

就労移行支援事業所JESD(ジェスド)横浜、支援員の西東(サイトウ)です。

 

年末が近づき慌ただしくなってきましたが、なんとJESD横浜からは2人目の卒業生が!!

 

以前のブログでご紹介したUさんに続いて、JESD横浜を卒業される方がいらっしゃいます。

嬉しい反面寂しさが込み上げてくるのは支援員の性でしょうか。

 

以前ご紹介したUさんの外資系企業内定ブログはこちらからどうぞ

blog-yokohama.jesd.jp

 

本日は大手クリーニング会社への就職が間近に控える、Iさんにインタビューをしていきたいと思います。

 

 

 就労移行支援を利用したきっかけ

就労移行支援を利用される方の要因は様々だと思いますが、Iさんが利用されることになったきっかけはなんだったのでしょうか?

 

「家庭の事情もあり自宅を中心に生活することがベースとなっていました。自分自身の将来や家族の将来を考えた時に『このままではいけない』と、うまく言葉にすることができませんが込み上げてくるものや決意するものがありました。」

「就職をしたいと思ったことで一番初めに区役所に相談に行きました。というのも私は生活保護を受給していることもあり、まず初めに相談するのは担当のケースワーカーさんだったと思ったからです。」

「その時に『ハローワークを使って就職活動をするのも良いのかもしれないけど、就労移行支援に通ってみたら?』という一言がきっかけで、就労移行支援についてインターネットで調べることにしました。職業経験が浅かったこともあり就労移行支援で学ぶことができることは僕にとって魅力的で、利用してみようという思いになりました。」

 

ケースワーカーさんの言葉がIさんの胸に響いたのですね。

自分自身の将来を変えたいと思ったときに、積極的に動くことができたのはIさんの最大の強みで、それが今回の就職にも繋がりましたね!

 

JESDを選んだ理由

数ある就労支援事業所の中でIさんがJESDを選んだ理由は何だったのでしょうか?

Iさんのご自宅からだと近隣にもたくさんの就労移行支援事業所もありましたが。

 

「初めてJESDを知ったのは就労移行支援をインターネットで検索したときに偶然見つけたのがきっかけでした。JESDを知る前には大きな会社が経営をしているところに見学や体験にも行きましたが、自分が求めているものとは違うように思いました。」

 

Iさんが求めていたものとは何だったのでしょうか?

 

「見学に行ったところが利用されている人がスーツをびしっと着こなして黙々と取り組まれていたのが印象的でした。社会人経験の少ない僕にとってはその環境で訓練をするというのが逆に重苦しくて息が詰まってしまいそうだなと思いました。見学に行ったのも初めてだったので他のところもそうだったらどうしようと不安になって夜寝つきが悪くなってしまうこともありました。」

「JESDが見学に来た時にその印象が変わりました。対応してくれた職員の人もそうでしたが利用されている方も柔らかい雰囲気で来てみたいなって気持ちになりました。支援員さんに『体験に来ない?』と誘われ、すぐにOKをしました。体験したときもその印象は変わらず、ここに通ってみたいと思ったので利用をしました。」

 「初めはJESD新横浜に通っていましたが、一番相談にのってくれた宇都木さんが新しくできるJESD横浜に異動することもあり、私も一緒に事業所を変えました。一緒に過ごした利用者さんたちと離れるのは寂しかったですが、就職を考えた時に一番必要な選択をしました。」

 

JESDで学んだこと

JESDは個別支援を大切にしている事業所となりますが、Iさんはどんなことを主体的に学ばれましたか?

 

「MOS検定取得のためのパソコンスキルと就職するための履歴書の書き方や面接の仕方を学習したことです。将来を考えた時にはパソコンスキルは必ず必要だと思っていましたし、支援員さんにも就職に有利になると常々言われていました。パソコンは普段の生活でも使っていますが、WordやExcel等のアプリは使ったことがなく全くの未経験でした。0からとなりましたが支援員さんに教えていただくことで資格を取ることができました。」

「履歴書や職務経歴書は何度も何度も書き直して形にしていきました。特に応募書類の支援してくれたのは西東さんで書き方のコツからテクニックを教えてくれたり、時には厳しい言葉をかけられることも何度も何度も書き直すこともありました。今見返してみると初めは高校生が書いた履歴書かな?と思うくらいでしたが立派なものが出来上がり内定を複数取ることができたのだと思います。」

 

Iさんの学習に向かう姿勢や意欲はとても高いものがありました。

私はIさんに応募書類の支援を中心に行いましたが、厳しい言葉を意図的にかけたこともありました。それでも喰らいついてくるIさんの姿勢があったからこそ、立派なものが出来上がり複数の内定を取れたのだと思います。

 

自分で学ばれたこととは逆に、私たちの支援により気付きを得たことはありましたか?

 

「僕自身のこともそうですが、家族のことについても悩みがたくさんありました。ただその時には常に宇都木さんが親身になって相談にのってくれました。今まで僕一人で誰にも言えず抱え込んできましたが、一人で悩まなくて良いんだと気が付きました。それからは支援員さんとして支援をしてもらうこともそうですが、お兄ちゃんのような感覚で何でも相談をすることができて僕には本当に合っていたんだと思いました。」

 

信頼できる支援員と巡り合えたことは大きかったと思います。

人生を左右するくらいの人と巡り合うことは滅多にないことです。この出会いが今後も大切にしてもらいたいです。

 

 

就労移行支援 就職 障がい 精神障害

JESDでの思い出

JESDを利用して楽しかったことは何でしょうか?

 

「JESDを利用していて楽しかったことは交流会やお昼ご飯の時に色々な人とコミュニケーションを取ることができたことです。色んな年代の方と話をできたことで自分が知らなかったことをたくさん知ることができました。これから就職することを考えた時にはいろんな年代の人と働くことになります。社会生活で必要なコミュニケーション力を知らず知らずのうちに着けることができたんだなと思いました。」

 

逆に辛かったことは何でしょうか?

 

「辛かったことは就職活動の待機時間でしょうか。書類選考の結果待ちや面接の結果待ち、そういった待ち時間が僕にとってはとても辛かったです。JESDを利用しているときは支援員さんや他の人がいるので話をすることで落ち着いていましたが、家に帰り、夜になるとドキドキしていました。不眠にはなりませんでしたが寝つきが悪くなることはありました。」

 

就職活動は積極的に動かれていましたね。面接練習も何度も繰り返して対策したことが懐かしく感じます。

気持ちを落ち着かせるためにしていたことは何がありましたか?

 

「気分転換に自分の好きな音楽を聞いたり映画を見たりしていました。することは何でも良いと思うんですが別のことに集中して考えないようにしていました。」

「寝つきが悪くなることはあってもそれが体調や精神面で影響が出ることはありませんでした。通院時に医師に相談することもありませんでしたし。今振り返ってみるとJESDで毎日日課として記入していたKシートでもそれが読み取れます。セルフケアのために毎日つけていたことが役立っていて、これから仕事をする上でも欠かさずにつけていきたいなって思います。」

 

不調時にしっかりとしたセルフケアをして体調を整えることは、就労を考える上で一番の土台となります。

セルフケアの方法は就職をした際には時間的な兼ね合いから同じような方法は取れなくなるかもしれませんが、Iさんに合った形でしていただければ大丈夫でしょう。

JESDで学んだことで応用ができると思いますよ。

 

就職活動をどのように進めたか

 就職への意欲が高まり就職活動へと進んだときにはそのような形で就職活動をすすめていったのでしょうか?

 

「履歴書や職務経歴書を作るときには自己分析をすることが大切だと教えられました。そこでまず僕はインターネット上にある自己分析サイトを使ってみました。サイトも1つだけでは分析にならないと思い、複数違うところでやってみることで見極めました。そうすると自分の強みとか弱みが何となく見えてきて考えるきっかけにできました。」

「応募書類についてはJESDの書式を使って書きました。さっきも話に出ましたが書いては西東さんに添削をしてもらい内容を濃いものにしていきました。過去に人事をされていた西東さんの経験から、書類選考に通りやすい書き方や、面接の時に大切な話し方やテクニックを教えてもらうことで準備を万全にすることができました。」

 

自己分析には悩んでいましたね。

何が長所で短所なのか、将来何がしたいのか、どんな生活を望むのか、色々な視点から自分を見つめ直すことは就職することだけに留まらない整理が出来たと思います。

 

応募書類をしながら求人検索をすすめられてきましたが、Iさんにとっての企業の選び方はどのような方法だったのでしょうか?

 

「初めは待遇や福利厚生、休日などがしっかりしているかどうか、そういった条件をちゃんと見ながら選んでいました。でも面接に行くたびに求人に書いてあることと面接官が話す内容が違い、あれっ?っと思うことがありました。そういったこともあり自己分析をし直して自分の将来したいことは何なのかを考えて企業選びをすることに変えました。」

「それに僕は社会人経験が少なかったため教育体制の整った企業が良いと思っていました。1から手取り足取り教えてもらい成長をしていきたいという考えでしたが、宇都木さんに言われて気づいたことがありました。受け身でいるのではなく自分から積極的に学ぶ姿勢が大切で企業はそういう人材を求めているのではないかなって。」

「気持ちが切り替わってからは面接での話す内容が自分でも変わったと思いました。そうしたら面接にもどんどん通過して内定をもらうことができました。」

 

就職活動に積極的に動いたからこそ分かったことだったのかもしれないですね。

仕事をする上でその姿勢を大切にしてもらいたいと思います。これからの自分の未来やキャリアは自分の力で切り拓き、手繰り寄せなければいけませんよ。

内定をもらったときの気持ちって率直にどうしでしたか?

 

「内定をもらったときは嬉しかったです。職務経歴に長い空白があったので内心受かるわけないだろうなって思っていたので、内定をもらった時は小躍りしそうでした。内定の連絡が来て一番最初に伝えたのは宇都木さんでした。その時に宇都木さんの顔が赤くなったのを今でも覚えています。本当に僕のことを思っていてくれたんだって内定をもらう以上に嬉しくなりました。」

 

Iさんと支援員の繋がりは本当に深いものになりましたね。

この関係は卒業をしたからと言って切れるものではないので、何かあったときには頼ってもらって大丈夫ですよ。

内定も一社だけではなく複数社から獲得したことで悩まれていましたが、その内からクリーニング会社に決めた要因は何だったんのでしょうか?

 

「複数の中から一社を選ぶことには苦労しました。この企業がいいのか、それともこっちか、色々な面から見て決めるのは自分の性格のこともあり大変でした。その中から決め手となったのは面接の時の雰囲気や働いている人が活き活き働いているかどうかといったことです。これからそこで働くのだから僕も気持ちよく働きたいなって思いました。」

 

複数から一つを選択することは難しかったと思います。何よりもこれからの人生の選択のため安易に決めれるものではなかったですからね。

Iさんが悩んで決めた就職先は間違っていないですし、きっと気持ちよく働くことができると思います。

 

就労移行支援を考えている人に向けて

就労移行支援を利用して就職が決まりましたが、もし就労移行支援の利用を考えている人や悩んでいる人がいたら何と声をかけるでしょうか?

 

「難しいことを考えずにちょっと遊びに行ってみるかな?位の軽い気持ちで見学や体験に行ってみるべきだと思います。行ってみて初めて分かることも多いでしょうし、支援員さんは時に優しく、時に厳しく接してくれる人が多いです。僕もそうでしたが相談できる人ができたことで就職を前向きに考えることができましたし、いいところに就職を決めることができました。悩んだら行動してみてください。」

 

Iさんのその言葉で何かきっかけとなり未来が明るくなる人が増えると嬉しいですね。

 

JESDの仲間へ向けてのメッセージ

「就職という壁は高く感じるかもしれませんが、空白期間の長い僕でも就職ができました。今は売り手市場とのことですが、焦らずに自身の価値を高め良い条件の企業を探してもらえたらと思います。新横浜と横浜を合わせて半年ほどの短い期間ではありましたが色々な行事を通して皆様にお世話になりました。」

 

就労移行支援 企業 内定

 

就労移行支援を利用し、大手クリーニング会社に就職内定をしたIさんに生の声を聞いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

担当ケースワーカーさんの言葉や信頼できる支援員との出会いによって、就労への意欲を高め内定へと繋げることができました。

Iさんの中で何よりも強かったことは就職活動を始めたことにより受動的だった思考が能動的な思考へとチェンジしたことではないでしょうか。

そのことはこれから仕事をしていく上でもそうですが、日常生活といった様々な場面で役立つものになるでしょう。

 

 

未来を創るのは支援員ではなくご利用される方自身であることを忘れてはいけません。

就労移行支援事業所に通所されている方、これから通所を考えている方は何かしらの問題意識を持ったことにより通所をされていることだと思います。

JESDでは一人ひとり悩まれていることや目指したいものに真剣に向き合い、今を、未来を明るいものにする支援をさせていただきます。

 

ご興味がある方はどうぞ、お気軽にお問合せ、見学などお越しください。

【横浜市指定 就労移行支援事業所】

JESD横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所 横浜市神奈川区鶴屋町3-30-8 SYビル4F
TEL 045-313-2220
MAIL  yokohama@jesd.jp

(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日祝は休み)

 

f:id:jesd_yokohama:20170925175528j:plain

 

※ブログ内の写真及び文章に関しましては、ご本人同意のもと掲載させていただいております。

 

就労移行支援を利用して1か月半、利用者に聞くJESDとは【利用者の声】|横浜駅徒歩4分・精神障がい専門の就労移行支援

皆さんこんにちは!

就労移行支援事業所JESD(ジェスド)横浜、支援員の西東(サイトウ)です。

 

JESD横浜は9月1日に開所をして約3か月半ほどが経ち、事業所も賑やかになりました。

この時期になると今年はどんな年越しをしようかなぁっと考えますが、今年も毎年同様にTVでお尻をしばかれるとこを見ながら笑って過ごすんだろうなぁって思います。

 

卒業生の声を以前のブログではご紹介しましたが、本日は今現在ご利用されているAさんの声を届けたいと思います。

 

f:id:jesd_yokohama:20171211155256j:plain

 

JESDに通所した理由

就労移行支援事業所は横浜市内にたくさんありますが、その中でJESDを選ばれた理由は何だったのでしょうか?

 

「以前別の会社の就労移行支援事業所に通っていたことがあったので、就労移行支援がどんなところかは知っていました。ただその時にはプログラムに納得いかないところがあって、就労に結び付かないまま辞めてしまいました。」

「次の就労移行支援選びは慎重にしたい、ちゃんと訓練をして働きたいと思ってインターネットで就労移行支援を探しました。その時にJESDのブログ(横浜・新横浜)を見て、きめ細やかなケアをしてくれそう、就職にしっかりと結び付けてくれそうと率直に感じて見学に行くことにしました。」

「見学に行ってみて、体験をしてみてJESDなら自分が考えている生活を送ることができるようになるってイメージが固まりました。支援員の方のケアが前に通っていたところとは全く違って細やかな対応で、でも話を聞いてくれるだけじゃなく一緒に考えてくれて、提案をしてくれて、発想を変えさせてくれて。今までが何だったんだろうってハッとしました。JESDと同時に他のところのホームページやパンフレットも見ましたが、すぐにここで決めたいってビビっときました。」

「支援員の方からは『他のところも見に行ってくださいね、事業所選びは大事ですよ』って話も聞きましたが、すぐにでも通いたいという思いから支援員の人に思いをぶつけましたからね。」

 

私の対応のスタンスとして見学時や体験時の面談では「複数事業所見に行ってくださいね。その中でご自身のご希望を叶えたり、生活が豊かにできると思えたところを選んでください。JESDの利用じゃなくても私たちは支援員の立場からご相談にのることもできますよ。」なんてことをお話させていただいています。

それくらい事業所選びって大切だと思うのです。何をしたいのか、何を目指したいのか、その事業所で叶えることができるのか、しっかりと考えていただきたいと思っています。

 

JESDの個別支援について

私たちは個別支援を大切にしています。お一人ひとりに合わせたケアや支援をしていくことが就労に結び付ける最大の近道であり、就労を継続させていくために必要だと考えているからです。

JESDに通所されて1か月半ほどが経ちましたが、いかがでしょうか?

 

「前に通っていたところは全体講義が基本でした。何か自分でしたいと思った学習や訓練ができることはほとんどなかったです。参加していて段々と取り残されているんじゃないか、自分だけ浮いてしまっているんじゃないかと、不安定になっていく自分が嫌になり辞めることを決意しました。」

「JESDでは将来どんな仕事に就きたいのか、就職に対してどんな希望があるのかを本当に大切にしてくれていると思います。その希望を叶えるためにどんな訓練をする必要があるのかをしっかりと向き合ってくれて提案をしてくれました。」

「私はもう一度、事務職に就きたい、そしてその中でも人に関わる部門で働きたいと思っているので、まずはパソコンスキルを上げるための訓練をしています。それと同時に自分のビジネススキルを見直すために秘書検定にもトライしたいと考えています。私自身が精神障害を持つ当事者として就職先のメンタルヘルスにも関わりたいと思い、今後はその学習もしていきたいし、そういった提案をしてくれて考えを広げてくれた支援員の方に助けられました。」

 

日々の学習を通して

JESDでは個別支援を大切にしており、通所中のお過ごし方やプログラムはご利用者の方に立てていただいていますが、日々の学習はどのように進められていますか?

「毎日を自分のペースで進めることができています。個別訓練のため自分と他の人を比べて焦ることもなく、身になっていると実感できています。JESDは環境が整っていると思いました。」

「支援員の方からは『今はどうやったら集中できるか、集中が途切れた時、疲れた時に息抜きをすることができるかを大切にしたらどうでしょう』と言われています。疲れた時は気分転換に外の空気を吸ってみたり、コーヒーブレイクをしたりしています。ただ『年明けからは就労を踏まえビシビシいくからね、周りに迷惑をかけないように、仕事をするのだから生産性を上げるための方法を探していきますよ』なんて言われてて、ちょっと怖い気持ちもあります。でも本当に私に合わせた対応をしてくれるんだなって感じていて、その支援に応えて就職しなきゃって思いが強くなりました。」

 

ご利用される方は一人ひとり持っているスキルやこれまでの経歴が違います。

画一的な学習方法や訓練方法をしてしまっては就労に結び付けることができないため、このような支援方法をとっているのです。

就労に向けての意欲が高まっていると聞いて安心しました!

 

「今はパソコンスキルアップをするために支援員の方が作ったテキストや問題、課題を解いていますが、分からない時や悩んだ時に呼ぶとすぐ駆けつけてくれます。でもヒントは教えてくれても答えはなかなか教えてくれません。時にはグーグルで検索してやり方探してみたら?なんて言われることもあります。」

「そこにはちゃんと支援員の方の狙いがあって、仕事をする時って周りの人が忙しくしていると聞けなかったり聞きにくかったりするし、そんな時にどうやって自分で解決するのか、ちゃんと自分一人で解決できるようにする癖をつけてくれてるんだなっと思い、今では聞く前に自分で調べてから確認のために聞くようになりました。」

 

就労移行支援に通所していただく目的は、安定した就労をして生活を豊かにすることだと考えています。

就職先でもスキルアップやキャリアを考えていく必要があるでしょうし、自分で切り拓く、考える力をつけないといけないと思います。

日々の訓練をご自身の力で解決していくことはそのための一歩なのではないでしょうか。

 

これからの目標

ご利用され1か月半程経ち日々の学習の中でだんだんと形になるものが現れてきた頃ではないでしょうか。これからの目標や卒業みたいなものはイメージされているのでしょうか?

 「時期的にはキリ良く4月から働き始めることができればと思っています。職種は事務職に就きたい、その中でも人に関わる部門を考えています。という話をしましたが、今はもう一つ考えていることがあります。」

「1番最初のJESDを選んだ理由の時に言い忘れちゃったんですが、支援員の渡邉さんのブログに感動したことって大きかったです。JESDで支援を受けてそこからステップアップして働いているのってステキだなって。精神障害を持つ当事者の方が支援員として支援に当たるのって私の中ではすごく安心感があります。同じ視点に立って同じ気持ちで話ができるんじゃないかって。辛いことも楽しいことも隠さずに話せるような気がします。もしかしたら世代が近いこともあるのかも?」

「それに渡邉さんと他の支援員の方との関りを見ていて感じますがJESDの環境をうらやましく思いました。支援員の方々はJESDに通う方に対してだけではなく、渡邉さんへのケアも細やかにしています。近くで見ているからか自分のことのように感じることがあって、こんな人間関係のところで働きたいと思いました。私も精神障害を持つ当事者としてその人らしさ寄り添った支援をすること、それをJESDでできたら幸せだなって今は強く思っています。」

 

支援員を目指したいと思っていただいたこと、それをJESDで考えたいとのこと、私たちは嬉しい気持ちしかありません。

感じていただいた通り、当事者視点で接点を持つことができる渡邉支援員と私とでは立場や考え方が違いますし、アプローチや支援方法も異なってきます。当然のこと、お一人ひとりの障害の特性や状況も違いますので色々な形での支援が必要となってきます。

きっとAさんにはAさんらしさを活かした支援方法がありますし、その支援によって未来を明るくすることができれば幸せですね。

就労への不安が自信に変わった時にまた話を深めましょう!

 

f:id:jesd_yokohama:20171211155711j:plain

 

今回は現在JESDをご利用されているAさんに生の声を聞きお届けしました。

 

就労移行支援事業所に通所されている皆様、通所を考えられている皆様は今をどうお過ごしされているでしょうか。

そして未来をどう考えられているでしょうか。

 

ご自身の未来を豊かにするためには、ただ漠然と就労移行支援事業所に通所するだけでは足りないでしょう。

今すぐ気持ちを切り替える必要はありませんが、スキルアップをしていくプロセスにおいて段階的にでも目的意識を持つことや目的や希望を明確化をしてみてはいかがでしょうか。

きっと未来はより明るいものへと変化すると思います。

 

 

JESDでは個別性を大切にした支援をさせていただきます。

ご興味がある方はどうぞ、お気軽にお問合せ、見学などお越しください。

【横浜市指定 就労移行支援事業所】

JESD横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所   横浜市神奈川区鶴屋町3-30-8 SYビル4F
 TEL  045-313-2220
MAIL  yokohama@jesd.jp

(お問い合わせ受付時間 9時から18時まで 土日祝は休み)

 

f:id:jesd_yokohama:20170925175528j:plain

 

※ブログ内の写真及び文章に関しましては、ご本人同意のもと掲載させていただいております。

プリザーブドフラワーでリース作りに挑戦!|横浜駅徒歩4分・精神障がい専門の就労移行支援

こんにちは。就労移行支援事業所JESD(ジェスド)横浜、支援員の渡邉です。

早いもので師走に入り、寒い日が続いております。

体感温度が他の人よりだいぶ低い私ですが、これからの時期は「如何に温かく過ごすか!」という事をあれこれ考えて実行するのが大変楽しい季節です。

 

さて、先日JESD横浜では、プリザーブドフラワーを使ってクリスマスリースを作りました!

今回は、以前プリザーブドフラワーのアレンジメント講師をされていた利用者さんにご指導頂きながら、それぞれ思い思いのリース作りに挑戦です。

 

材料はこのような感じで。(バラの左の箱の中にある緑のモシャモシャは、アジサイなんですよ!)

 f:id:jesd_yokohama:20171130151317j:plain

どんなリースが出来るか楽しみですね!

 

まず好きな材料を選び、配置を決めます。

きっとここが一番大事なポイントなのではないでしょうか。

 

 皆さんあれこれ悩みつつ、とても楽しそうです。

 

そして我々職員もちゃっかり参加しております。

f:id:jesd_yokohama:20171130151512j:plain

↑宇都木(左奥)のなんとも満足気な不敵な笑みがとても気になりますが・・・

肝心の作品がマスクの箱(しかも使わないのに置いてある)でよく見えないのが残念です。

さぞ素晴らしい作品が出来ることでしょう。

 

おっと!これはグルーガン”とやら。↓

f:id:jesd_yokohama:20171130152630j:plain

グルーガンは、お花やモチーフの接着に使います。

 

※「グルーガン」とは・・・”グルースティック“と呼ばれるロウソクの様な固形樹脂を、グルーガンで熱して溶かし、接着させたい所に付けて、そのまま冷えると接着完了!というDIYやハンドメイドに欠かせない道具です。

 

わたくし、グルーガンをこのたび初めて手に取りました。

“ガン"って言うくらいだから、もっと物騒な道具なのかと思いきや(個人の勝手なイメージです)、全くもって平和的なアイテムでした。

但し、電気でアツアツにするので火傷にはご注意下さい

f:id:jesd_yokohama:20171130152813j:plain

 

さてさて、皆さん配置も決まってくるとサクサク作業が進み、同じ材料でも配置の仕方や置く時の向き等でそれぞれの個性が出てきます。

他の人の作品を見ると、自分では思いつかないようなアイデアや感性が溢れていて本当に面白いです。

皆で何かを作る時の楽しさは、こういう所にもあるなぁと私は思います。

 

さぁ、どんな風に出来上がったでしょうか。

それぞれの完成したクリスマスリース、お披露目です♪

 

f:id:jesd_yokohama:20171130152859j:plain

↑リボンの使い方が素敵で、温かみがあってクリスマスらしい作品です。

 

f:id:jesd_yokohama:20171130152944j:plain

↑うっかりして包装前に撮影出来なかったのですが、、お花とリボンの使い方がとてもエレガントな一品。

 

f:id:jesd_yokohama:20171130153055j:plain

↑これまた清楚な、そしてフレッシュな雰囲気が漂っています。

 

f:id:jesd_yokohama:20171130154823j:plain

↑これは私・渡邉が作りました。満足です!

 

f:id:jesd_yokohama:20171130155009j:plain

↑こちらは宇都木作品。まさかの未完成です!

クリスマスまでには個性爆発で完成させてもらいたいです。

 

 

最後に、せっかくなのでクリスマスリースについて少し調べてみました。

 

クリスマスリースは英語で「wreath」と書くそうです。

と言う事は、「ぅりースッ」って発音するのでしょうか。

「th」を表すカタカナが見つかりません。

それはさておき、wreathには「」「花冠」などの意味があるそうで、キリスト教では“永遠に続く神の愛”を表しているようです。

そして飾りつけに使うモチーフにもそれぞれ意味合いがあり、様々な願いが込められているのです。

日本で言う、お正月のしめ縄のような感じですね。

 

季節のイベントもその由来や込められた意味を知ることで、より楽しめるのではないでしょうか♪

 

 

f:id:jesd_yokohama:20171130155056j:plain

 今回作ったクリスマスリース、さっそくJESD横浜の入り口に飾りました。

 

f:id:jesd_yokohama:20171116093019j:plain

室内にはツリーも飾り、クリスマスの雰囲気を楽しんでおります!

JESD横浜で迎える初めてのクリスマス、皆さんと楽しく過ごせたらと思っております。

 

ご興味がある方はどうぞ、お気軽にお問合せ、見学などお越しください。

【横浜市指定 就労移行支援事業所】

JESD横浜 日本うつ病就労移行支援協会

住所 横浜市神奈川区鶴屋町3-30-8 SYビル4F
TEL 045-313-2220
MAIL  yokohama@jesd.jp

(お問い合わせ受付時間 10時から18時まで 土日祝は休み)

 

f:id:jesd_yokohama:20171130160445p:plain

 

ブログ内の写真及び文章に関しましては、ご本人同意のもと掲載させていただいております。